八街市社会福祉協議会事業内容について



 
1.事業の運営方針


 近年の社会構造の変化に伴い、急激な人口の減少、核家族化の進展、単身世帯の増加、子どもの相対的貧困率の上昇など、社会から孤立していく人が急速に増え、そこから見えてくる複合的な生活課題は大きな社会問題となっています。
 今回の改正社会福祉法を契機とし、社協は高い公益性が求められる社会福祉法人として、組織のガバナンス強化や透明性の向上等をすすめるとともに、地域福祉を推進する「協議体」としての特性を発揮して、社会福祉法人、福祉施設との協働による公益的な取り組みを推進することなどが期待されています。
 本会は「自助」「共助」「公助」「近助」の重要性を明確にし、包括的な地域福祉社会の構築のため、関係機関・団体との連携を強化し、災害に負けない、地域課題を充実できるまちづくりを「八街ひまわりふれあいプラン」を踏まえて市民と共に推進します。

重点事業
  1. 地域福祉推進体制の確立
  2. 組織のガバナンス強化と財源確保
  3. 相談援助活動及び情報提供活動の充実
  4. 福祉教育の推進とボランティア活動の振興
  5. 在宅福祉サービス事業の推進
  6. 災害、防災関係事業の推進
  7. 成年後見制度事業の推進



会の運営及び連絡調整

組織体制の充実と機能強化を図り、委員会活動と関係機関団体との連絡調整を推進する。

  1. 理事会・評議員会の開催
  2. 正副会長会議の開催
  3. (新)評議員選任・解任委員会の開催
  4. 役員及び職員の研修強化
  5. 事務局会議の開催
  6. 社会福祉施設連絡会の運営
  7. 福祉サービスに対する苦情解決第三者委員の設置
  8. 監事による会計監査の実施
  9. 内部会計担当理事による内部監査の実施(年4回)
  10. 八街ひまわりふれあいプランの推進

自主財源の確保

福祉の自主性、主体性を高め民間組織にふさわしい運営と事業を行うことを可能にする自主財源の確保に努める。

  1. 会員の増強
  2. 共同募金運動への協力
  3. 第28福祉まつりの開催(2月)
  4. 第11回ふくしチャリティーゴルフ大会の開催(9月)
  5. 第11回ふくしチャリティーボウリング大会の開催(6月)
  6. (新)ふくしチャリティーパークゴルフ大会の開催   
  7. 使用済み切手、ペットボトルキャップなどの収集活動
  8. 愛の箱募金の設置拡大
  9. 相談援助実習生の受け入れ
  10. 社会福祉貢献企業との協働事業の実施
  11. 区長等回覧文書配送業務の受託
  12. 総合保健福祉センター内売店の運営
  13. 郵便切手等委託販売事業の実施

地区社協活動

地区社協活動の育成を図り、地域福祉推進に努める。

  1. 地区社協活動の支援
  2. 地区社協会長会議の開催
  3. 小域地域福祉フォーラムフォローアップ事業の推進
  4. (新)千葉県福祉教育推進団体の指定(八街東、八街北地区)

障がい者福祉事業

全ての障がいがある人々が、ひとりのもれもなく、地域の人々の温かい協力によって明るい生活が保障されるような社会基盤づくりに努める。

  1. 障がい者団体の援助育成
  2. ユニークダンスのつどいの実施
  3. 障がい者団体連絡協議会の運営
  4. ボランティアとの交流機会の拡大
  5. 障がい者の社会参加への支援
  6. 地域自立支援協議会への参画
  7. ふくしフェスタ2017への協力
  8. 障がい者ふれあいスポーツ大会への協力
  9. 八街市福祉カー(ゆうあい号)貸付事業の受託

地区会活動関係

地区会活動の推進を図り、地域福祉推進に努める。

  1. 地区会長会議の開催(5月)
  2. 地区会活動の支援
  3. 地区会リーダーの養成

身元不明者供養事業

身よりのない物故者の冥福を祈る。

  1. 身元不明者物故者の納骨と供養を行う

広報・啓発活動

福祉意識の高揚と社会福祉に対する積極的な参加協力を促進するため、あらゆる機関をとらえ広報啓発活動の展開を図る。

  1. 広報「ふくし やちまた」の発行(年4回)
  2. 公式ホームページの充実
  3. 地域ぐるみ福祉推進標語・ポスターの募集・活用
  4. 市広報の活用
  5. 報道機関への情報提供
  6. 写真による活動記録の掲示
  7. 立看板の設置
  8. 社協パンフレット作成の検討
  9. SNSの活用

社会福祉大会

社会福祉に貢献した人を表彰し、市民の福祉に対する理解を深める。

  1. 第38回八街市社会福祉大会の開催(11月)

ボランティア活動の促進

ボランティアの発掘育成に努め、ボランティアが自主的かつ継続的に展開できるような基盤整備をすすめる。

  1. ボランティアセンターの運営
  2. ボランティアセンター運営委員会の開催
  3. 第22回八街市ボランティア大会の開催(8月)
  4. ボランティア講座の充実
  5. ボランティア連絡協議会への協力
  6. ボランティア活動推進園への助成(12園)
  7. 地区社協・地区会との連携
  8. ボランティア活動推進校の指定(八街中央中学校)
  9. ボランティアによる生活困窮家庭児童・生徒への学習指導の検討

在宅福祉サービス促進事業

地域のニーズの状態を把握し、地域社会の諸資源を有効に活用しながら、在宅福祉サービスを組織化していく。

  1. 介護機器等の貸出し
  2. 在宅介護者のつどいの開催
  3. 在宅有償サービス「ほほ笑み」事業の充実
  4. 日常生活自立支援事業の「基幹的社協」の受託
  5. 成年後見制度事業の推進
  6. 終活セミナーの開催
  7. ケアマネージャー協議会との連携強化
  8. 訪問介護事業者連絡会との連携強化
  9. 介護教室・料理教室の開催
  10. 地域支え合いマップの更新

母子・父子福祉事業

母子・父子家庭の自立に対する援助活動をすすめる。

  1. 交通遺児家庭激励見舞事業

各種資金貸付事業

貸付により経済自立と更生意欲の助長促進を図り、安定した生活を援助する。

  1. 生活福祉資金、高齢者及び重度障害者居室等増改築・改造資金貸付事業受託
  2. 貸付相談員の配置
  3. 自立生活支援員の配置

高齢者福祉事業

高齢者の長寿を祝い、広く敬愛の思想を普及するとともに、生きがいのある老後生活が送れるよう社会環境づくりを目指す。

  1. 敬老会(地区社協ごと)の事業の受託
  2. 結婚50周年記念祝賀会(金婚式)の開催(6月)
  3. 高齢者共同作業所の運営
  4. 満百歳祝
  5. あんしん箱設置事業の推進
  6. ひとり暮らし高齢者等傾聴ボランティアの訪問活動の充実
  7. 市シニアクラブ連合会との連携強化
  8. 高齢者見守りネットワーク事業への協力
  9. 高齢者向けサロンの実施

児童福祉事業

全ての児童が、心身ともに健全に育つよう活動を行う。

  1. 児童クラブの運営受託(13ヶ所)
  2. 小学校新入学児童お祝い事業(図書の贈呈)
  3. 保育園・幼稚園との連携強化
  4. 地区社協・地区会との連携
  5. 子育て支援事業の充実
  6. 教育委員会との連携事業の推進
  7. ファミリー・サポート・センター事業の受託

福祉教育の推進

幼児期から福祉に対する関心を深める。

  1. 福祉教育活動への援助
  2. 実践と体験学習の実施
  3. 福祉教育推進校の指定(笹引小学校)
  4. (新)千葉県福祉教育推進校の指定(八街東小学校、八街北小学校、八街中学校、八街高等学校)
  5. 夏休みボランティア体験教室の開催
  6. 市立小中学校校長会・教頭会との連携
  7. 小・中学生職場体験の積極的受け入れ
  8. ボランティアによる日本語指導の充実
  9. 契約バスの運行
  10. 通学用自転車点検整備事業

総合相談事業の運営

日常生活上のあらゆる悩みに対して相談に応じ、適切な助言と援助指導を行う。

  1. 心配ごと相談所の開設(毎週水曜日)
  2. 弁護士による法律相談の実施(年36回)
  3. 心配ごと相談員研修会の開催
  4. 心配ごと相談所運営委員会の開催
  5. ボランティア相談の実施
  6. 生活困窮者自立支援事業の受託
  7. 気になる子どもの個別相談の実施
共同募金関係

募金活動を通して、広く社会福祉事業に対する住民の関心を高める。

  1. 赤い羽根共同募金運動への協力
  2. 歳末たすけけあい募金募集・配分
  3. 災害見舞金の募集・配分
  4. 第10回共同募金杯チャリティーボウリング大会の開催(11月)

福祉団体の育成

各団体の実態把握と活動協力並びに指導育成を行う。

  1. 各団体への活動費の助成
  2. 各団体との連絡調整
  3. 各団体との共催、後援事業の実施

善意銀行の運営

広く人々の善意の預託を受け、それを効果的に還元して社会福祉増進に寄与する。

  1. 金品による預託
  2. 災害見舞い
  3. 行路病人等取り扱い
  4. 物品の払出し
  5. フードバンク千葉事業への協力

日本赤十字社千葉県支部八街市地区業務の受託

日本赤十字社は「人間の命と健康、尊厳を守る」ことを基本理念として、災害時における迅速かつ効果的な援助活動などさまざまな活動を積極的に展開する。

  1. 会員増強・会費募集
  2. 災害時における救援物資の配布
  3. 赤十字奉仕団活動への支援
  4. 青少年赤十字活動(JRC)への支援
  5. 災害救護物資等保管倉庫の設置
  6. 赤十字奉仕団との連携強化
  7. 各種研修会への参加
災害・防災関係事業 東日本大震災を契機として災害時の体制整備を図る 
  1. 県社協との災害時の相互支援に関する協定の締結
  2. 東京都八街学園との災害時相互応援協定の締結
  3. 市との災害ボランティアセンターの設置等に関する協定書の締結
  4. 災害ボランティアセンター連絡会の設立
  5. 災害ボランティアセンター立ち上げ訓練の実施
  6. 災害救援基金の設置及び災害備品の整備
  7. 歳末たすけあい運動による減災事業の推進



 平成29年度社会福祉事業資金収支予算 
 収入   支出 
 会費収入  11,213千円  人件費支出 118,051千円 
 寄付金収入 3,280千円   事業費支出 22,859千円 
 経常経費補助金収入 37,766千円   事務費支出 10,792千円 
 受託金収入 109,580千円   共同募金配分金事業費 3,650千円 
 貸付事業収入 100千円   助成金支出 12,375千円 
 事業収入 3,970千円   負担金支出 80千円 
 受取利息配当金収入 34千円   分担金支出 8,268千円 
 その他の収入 605千円   積立資産支出 2,060千円 
 積立資産取崩収入 13,430千円   サービス区分間繰入金支出 13,860千円 
 事業区分間繰入金収入 1,080千円   その他の活動による支出 3,645千円 
 サービス区分間繰入金収入 13,860千円   予備費支出 3,534千円 
 前期末支払資金残高 4,256千円     
 合計 199,174千円   合計 199,174千円 


 平成29年度公益事業資金  
 収入   支出 
 事業収入  1,000千円  事業費支出 921千円 
 受取利息配当金収入  1千円  事業区分間繰入金支出 80千円 
 前期未支払資金残高 50千円   予備費支出 50千円 
 合計 1,051千円   合計 1,051千円 


 平成29年度収益事業資金収支予算   
 収入   支出 
 事業収入  8,260千円  収益事業支出  7,000千円
 受取利息配当金収入  1千円  法人税、住民税及び事業税支出 130千円 
 その他の収入  1千円  予備費支出 32千円 
 事業区分間長期借入金収入  500千円  事業区分間長期借入金返済支出 600千円 
     事業区分間繰入金支出 1,000千円 
 合計  8,762千円  合計 8,762千円